剣道をやると喧嘩に強くなるか?

剣道は喧嘩に役立つかのイメージ

剣道をやると喧嘩に強くなるか?

ということについて、剣道を始める前や始めたばかりの頃ふと考えたりしたことはないだろうか?

強くなりたい!と思って剣道を始める人は多いだろうが、それは「精神的、肉体的に強くなりたい」というものであって、喧嘩が強くなりたくて剣道を始める人はほとんどいないと思う。

本当に喧嘩に強くなりたい人は空手かボクシング、または総合格闘技をやるだろう。

しかし実際、若いうちは喧嘩になりそうなシーンは日常的に転がっていて、実際に喧嘩になってしまった時、果たして剣道は役に立つのであろうか?という疑念は時々頭の中をかすめたことが誰しもあろうかと思う。

 

例えば、このサイトでよく例に出す漫画「六三四の剣」の主人公である六三四の父親、夏木栄一郎は機動隊に所属する警察官なのだが、非番の夏祭りの日の夜、つまようじ一本でヤクザ数人をたたきのめしてしまうなんてシーンがある。

この際、栄一郎は剣道の体さばきで敵の攻撃を寸でのところで見切ってかわすわけだが、つまようじは敵の顔にキズをつける程度で敵を倒す時の最後の技は柔道だった(笑)。

昔の武士は武芸十八般といって柔術なんかもやっていたそうだけど、現代剣道に投げ技はない。

組み打ちなんていって竹刀なしで投げ合う稽古のシーンもその漫画にはあるが、それも普通今は練習したり教わったりすることはまずない(笑)。

なので、結論から言えば、竹刀や木刀を持たず素手で喧嘩においても強さを発揮できるとしたら、相当の達人にならなければ喧嘩の役には立たないと思う。

ただし二段以上の腕前と敵を恐れない気力が十分あれば、木刀を持てば、格闘技経験のない不良なら3人ぐらいいても半殺しにできるだろう。また竹刀でも十分相手の気勢をくじくことが可能だと思う。

しかし大事なことは剣道は喧嘩をするための技術ではなく、喧嘩という暴力を止めるためのもの。

 

そして剣士たる者、喧嘩をすべきではない

 

やるならやってやるという覚悟と気迫を持ちつつ、一歩も引かない凛とした気概をもって、しっかり相手の目を見て機先を制した話し合いで解決するのが正しい対処だと思う。

実際剣道をやっている人が喧嘩した話は私が中学、高校の時も他校含めて一度も聞いたことがない。

不良たちも剣道をやっている者には心のどこかで怖れがあるから、そうそうからんできたりはしないものだからではないだろうか。

 

とここまで結論的に含めて書いてきて、それでも実際本当にからまれて喧嘩になった時どうなのよ?と現実的な答えがどうしても欲しい人には管理人の経験から自分なりの答えを出してみた。

 

奇しくも私の経験上その自分自身の疑念を晴らすべくして起こったのかわからないが高校卒業とともに剣道から離れて十年ぐらいたったある日、その疑念の答えは明らかとなった。

喧嘩のイメージ

私は30才の会社員だった頃。

毎日深夜まで残業していて、その日も終電に間に合うよう急ぎ足で駅に向かっていた時、茶髪、金髪のロン毛と短髪ツンツンヘアーの合計三人のホスト風の男のうち一人、短髪の奴に、私はただ目の前の三人をよけて道の端から通りぬけようとした瞬間、ぶつかったわけでもかすってもいないのだが、すれ違いざま一人にいきなり横蹴りで腹をけられて、急に喧嘩するはめになったことがある。

「何すんだ?!」と怒って言うと、「なんだ?やるか?」とニヤニヤとしていたので最初から喧嘩がしたくてからんできた様子だった。

真ん中にいた金髪の男がリーダーのようで、「俺らは手を出さないからいいぜ、二人でやれよ」と言い放ち、その場で1対1の喧嘩が始まった。

しかしその場では剣道で覚えた足さばきなんて出てこなかった。

ただ相手のパンチや蹴りが届く間合いだけは気をつけていたのでそれが当たることもなかったが、こちらのパンチや蹴りも当然自分もそんな練習したことがないので当たらなかった。

(とここで間合いについての感覚は多少役立ったのかも・・)

なかなかお互いの攻撃が空を切るのに業を煮やしたのか、ちょびっと私の方が優勢な感じになった時、結局他の二人も殴りかかってきて、あとは馬乗りになられて頭をサッカーボールキックされるわよってたかってボコボコにされ、死にそうに・・(苦笑)。

その時近くで見ていた大学生ぐらいの若い男性数人が警察を呼んでくれたらしく三人は逃げ、後は警察の人4~5人が倒れて意識朦朧の私を囲み、救急車を呼ばれて病院へ搬送。結果10日ぐらい入院。頭はばかみたいに腫れ上がって大変な思いをした。

あぶなく大学生ぐらいの若い男性が警察を呼んでくれなければ下手すりゃ死ぬところだったので今でもその男性たちには感謝しております。

 

つまり結論として、やはり相手の攻撃をかわすことはできても素手だとこちから攻撃する技術は持っていないので、同じぐらいの体格、筋力、体力であれば負けないながらも勝つのは難しいということ。
(まぁ喧嘩の経験がかなりある気の荒い人や全国レベルの猛者レベルなら簡単に勝てるかもしれませんが)

しかしもし社会人になってもその頃剣道を続けていて剣士としての自覚があれば、果たしてその時自分は軽々と喧嘩をしてしまっただろうか?

という想いはある。

またそのまま1対1で他の二人がいなければおそらくひどい負けはなかったと思う。その短髪の男たいして強くなかったので(笑)。

お互い疲れて終わったのではないかと。

ただ喧嘩の経験なんて私には小学生の頃1回と中学生の頃1回の計2回しかなくてその時いずれも相手に殴り掛かられて、仕方なく対応。少し殴られて我慢して終わったぐらいの経験しかなかったのでおそらく自分の攻撃が少し効いて相手が少しおとなしくなったらすぐその場を離れたと思う。

その時の経験を後日職場の空手経験者の人に話したら、空手(寸止め系流派)やってる自分でも三人相手だと絶対やらない。まず走って逃げるなと笑顔で言っていた。

なので三人相手だとまず勝てないので逃げた方がいい(笑)。

結局私はその時の経験が元で、その数年後(36歳頃)極真空手を3年ほど学ぶのだけどその話はまたいつか。

今でもあの時喧嘩をしてしまったことを後悔してはいないけど、大学生らしき若い男性たちがいなければ自分はどうなっていただろうかと思う。

社会人になって喧嘩をするのはやっぱりアホですわ(笑)。

喧嘩はできるだけ避けた方が良いことは確か。

そしてもし相手が殴り掛かってきてどうしても喧嘩せざるを得ない状況になったとしてもかわし続けて相手が疲れてやめてしまうのを待つか、こちらの攻撃がパンチなりキックなり二~三発入って多少効いたら、もうすぐその場を離れるのがいいと思う。

それが私なりの結論。

スポンサーリンク
剣道は喧嘩に役立つかのイメージ