剣道を始めようか悩んでいる10代の人へ

剣道を始める人のイメージ

今、剣道をやろうか悩んでいるあなたに一言。

 

まずは体験してみよう!

 

仮入部なり、道場で防具を借りてでの体験なりして、まずはちょっと打ち込んだり打たれたりしてみるとよいと思う。

そこでなんかわくわくするか、面白さを感じ取れるようであれば、続くのではないだろうか。

経験者からいくつか剣道をやるメリット、デメリットを思いつくままあげてみた。

 

<メリット>

メリットというか、剣道やってよかったなと思う点。ちょっと中には次元が低いことも交じっているが(笑)。

  • 体幹が鍛えられるので、健康が増進される。
  • 姿勢がよくなり、見た目の印象がよくなる(ひ弱な印象が消える)。
  • 礼儀が身に着くので先輩や大人に気に入られる。
  • 心身ともに強くなるのでちょっとやそっとじゃへこたれない。周りからいじめられるようなしょぼい奴にならない。
  • 心が強くなることで、寛容の精神が育まれる。
  • 正義感が強くなる。卑怯、卑小な奴は徹底的にたたかれる世界なので(笑)
  • 忍耐力がつく。(最近の追跡調査による統計データで、社会的成功者の多くが子供の頃から忍耐力が強かったことが判明している)
  • 剣道の世界に不良はいない(たぶん)ので、良い友達がたくさんできる。
  • 自分を向上させてくれるライバルができる。
  • 嫌な先輩や先生を稽古で直接やり返せる(笑)
  • 防具のおかげで竹刀で遠慮なく思いっきり打てるので、嫌なことがあった時ストレス解消になる!
  • 大人になったら剣道をやってたことがプラス評価される。
  • 稽古の日々含め、仲間との良い思い出がたくさんできる。
  • 嫌な奴、怖い奴に絡まれても冷静、毅然と喧嘩を回避できる心の強さができる。
  • いざ命がけの戦いとなれば木刀さえあれば相手を撃退できる自信がつく。

 

<デメリット>

デメリットというか、いわばこれは嫌だな~と思う点。

    • 剣道具一式を揃える初期投資と竹刀については定期的に買う必要が出てくるのでお金が結構かかる。
    • 慣れないうちは、足の裏に血豆ができて皮がめくれていたかったりする。(マメができたら足袋をはくという手があります)
    • 同じく慣れないうちは、小手を強く何度も打たれるとめっちゃ痛い。
    • ちゃんと道着を洗濯したり、防具の面と小手は陰干ししたりしないと臭いがきつい。なので洗濯、防具のメンテが面倒。
    • 上下関係がきびしいのでのと先輩に強くて怖い人が多いと稽古は地獄な瞬間が・・(笑)
    • 喧嘩は特に強くならない。(喧嘩が強くなりたいなら空手とか他の武道にすべし)

剣道をやると喧嘩に強くなるか?

  • いくら強くなってもサッカーや野球のように無条件にモテる要素にはならない。

剣道男子ってモテるのか?

 

だいたいこんなところだろうか。

だいたい剣道に興味をもった時の最初の頭に浮かぶことは、「なんかかっこいいなー!でもなんかあの先輩怖そう、打たれると痛そう、あと臭いが嫌かも・・」といったものなのではないかと思う。

実際、剣道やってても強い人はめちゃくちゃかっこよく見える。

でも、いつの日か自分が強くなった時、道着、袴、防具をびしっと身に着け、剣道をやってる自分自身を「やべぇ、俺超かっこよくね?」と思える日がくるよ(笑)。

実際三年生になった時には、1年坊にすごい気を使われるし、やさしくて強いとすごく尊敬されるしね。

剣道女子1年に人気が出る(モテる)こともある(笑)。

あと怖そうに見える先輩も意外とやさしかったり、怒らすと本当に怖い先輩なんかも、ピンチの時は頼りになる先輩になったりとか、そんなうれしいこともよくある。
(不良っぽい怖い三年生にからまれたりしたら「おぃ、俺の後輩になんか文句あんのか?」と言って追い払ってくれたりとか(笑))

 

打たれるとけっこう痛いという点についてはすぐ慣れるし、だいたいそれ言ったら極真などのフルコンタクト空手に比べたら全然問題ないレベルの話。

一番の問題は臭いかな。剣道の場合、人によっては、これが一番ネックかもしれない。

防具でも除湿が十分でない汗が乾いていない小手の臭いはきつくてよく手を洗わないとなかなか取れないのは確か。

でもそれも技術革新のおかげで最近は丸洗いできる良い小手なんかもあるから心配ない。

そう考えると、デメリットなんて初期費用の面さえクリアできれば、ほとんどないに等しい。

稽古がきついのは、他の武道、スポーツでも同じですのでその点は除外。

あるとならすぐやめちゃった場合高いお金出して買った防具が無駄になったと親御さんにめっちゃ怒られるぐらい(笑)。

私の場合、中学の時は中古の安くてぼろい防具で我慢したのだけど、ぼろいせいで打たれるとめっちゃ痛いため高校一年の時は頼み込んでかっこよくて高価な良い防具を買ってもらった。
ただその時自衛官だった親父に「三年間最後までやらんと許さんぞ!」と鬼のような顔で脅されたのを記憶している(笑)。

 

でも本当に剣道は良い。

剣道の稽古がんばっている奴にへたれやしょぼい奴、嫌な奴もめったにいないし、本当に嫌な奴がいても稽古でバシバシに打ち込んで自分の方が強いことを示せばおとなしくなるので(笑)。

先生や先輩も普段きびしくて怒ると怖いが、基本真面目で、尊敬できるような人格者も多いので、その点は他のスポーツより安心感がある。

例えば部活でバスケやサッカーの世界では陰湿ないじめ(パス回してくれない)があったりとかたまに聞いたことがあるのだが、

その点、剣道の世界は最高。

嫌な奴には稽古で直接やり返せるんですっきりする!(笑)

 

自分も思い起こせば中学で初めて剣道始めた頃とか同期にちょっと嫌な奴やむかつく嫌いな先輩が、一人だけいたけど、いつのまにか自分の方が剣道強くなったら、何も嫌なこと言わなくなったし、変なちょっかい出してからんでくることもなくなった
(サッカーやバスケはチームプレイだからやり返しても仲がより悪くなるだけだったりと、どうしようもないが・・)

 

なにより剣道は今、世界中から憧れの熱い視線を集めている武道。
(それは世界大会を見るとわかる。今や世界的には250万人やっているそうな)

すぐに剣道を始めて、ぜひこの素晴らしい世界を堪能してほしい!

スポンサーリンク
剣道を始める人のイメージ