憧れの逆胴

逆胴とは、右利きの人を例にした場合、通常は相対した相手の右脇下の右胴を打つのが定石だが、そうではなく左胴を打つことを言う。

打ち方は、非常に難しい。

剣道をしたことのない人は野球のバットを振るのと同じ要領で右から左に竹刀を胴に向かって振れば良いのだから簡単じゃん?と思うかもしれないが、現代剣道において通例では逆胴の場合、胴を打った後、左側へ竹刀を振りぬかなくては1本と認められないためそう簡単にはいかない。

つまり障害物として胴があるので実際に竹刀が胴にあたって振りぬく瞬間竹刀が大きくしならないと(湾曲しないと)振りぬけないため相当な腕力を必要とするのだ。

また逆胴の打ち方としては、真横ではなく若干右斜め上からけさがけ切りにまさに胴体を真っ二つに切り裂く要領で、胴をなぐように打ち、振りぬく。

非常に豪快な技なのだ!

この技の成功が難しいのは打ち方のみならず弱点として、打つ瞬間相手の正面立って技を繰りため出すため、自分の面ががら空き、無防備な状態となってしまうため、腕の振りぬきと打った後移動する体さばきが相当早くないと、逆に簡単に面を打たれてしまうという点。

他にも技が事前に読まれたり胴を打った後振りぬくスピードが遅いと、相手に脇を締め竹刀をかかえこまれてしまい、面を打たれてしまうケースも多い。

技の錬度以前に、基本的に平均以上の腕力の強さ、体さばきの速さが求められ、技を繰り出すタイミングの判断を一歩間違うと簡単に逆に1本献上してしまう非常にリスキーかつハイレベルな技なのだ。

それだけにこの技を見事に決めた選手はハイレベルな選手とみなされ一目おかれる。

ちなみに管理人は、中学、高校と剣道をやっていたがこの技を決めたことは一回もないどころか技を繰り出せたことさえない・・・(苦笑)。

>> 憧れの上段

スポンサーリンク