高校生編② 接近遭遇【剣道あるある】

高校生編2 接近遭遇

 
 
 
 

夏場の稽古後は、もう汗でどっろどろ。そんな時に憧れの好きな子に近寄られたら、汗クサかった・・なんて後で言われたくないだけにまるで加速装置を搭載した人造人間のごとくその時の反射神経は人間の領域を凌駕します。

まぁ実際は思春期特有の思い込みで、そんなに気にされないのかもかもしれないのですが・・。
あと普通は剣道場や格技棟は校舎から少し離れているし放課後の部活の時間なのでセーラー服姿の生徒が近寄ってくるケースはそうそうないので、まだ剣道をやったことがない人は心配しないで大丈夫。

ただ私が経験したこのケースはたまたま文化祭の準備期間も剣道部は練習があったため偶発的に発生。
その時私は好きな子が近寄るのだけど近寄るのとまったく同じ速度で彼女がわからないように後ろに下がったので、「なんか距離が縮まらないんだけど・・?(汗;)」と不思議そうな顔で言われました(笑)。
まぁこれはそれを一般化?してみたケースということで。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です